「おがくずの使い道」

2008年11月

作業場で、加工場で、木を削ったり 加工するのに必ず出る おがくず
細長いものや、細かいチップや、鉋くずのようなものなど、数種類のおがくずが、毎日出ます。


ごみとして全て燃やしてしまうのでは、もったいないということで、
主に、牛を飼育されている方に引き取っていただいています
牛の部屋におがくずを敷いて、ふかふかのベットになるようです


 また、照明器具などをお願いしている 福田製紙工場さん では 
おがくず入りの和紙を漉いてました

珪藻土に藁スサが入った様な雰囲気だったり、鉋くずがそのまま入っていたりして、
照明のシェードとして使うと、面白い灯りが楽しめそうです。
こちらでは、紙漉き体験も出来るらしいので、遠くからの友人が来たときには案内したいと思っています。


 昨日は、手洗いボウルを焼いてもらっている、あかねさんとヘスアルドさん が
おがくずを取りにきました。
お二人とも陶芸をされているのですが、
実験的に土に練りこんでオブジェを作る とのこと。

面白い作品が出来るといいですね、どんな風になるのか、楽しみです。




by 前香
[PR]
by maechou | 2008-11-07 10:03 | 素材(37)