「近山スクール12月」


ここ数年、毎年参加させていただいている「近山スクール」に出席してきました。

今日は宿谷先生のスペシャル講義で、グループに分かれての実験付でした。
実験内容は、建物に見立てた3本のペットボトルに、太陽代わりの電球光をあてて、昼と夜の温度変化を測定。断熱材や、蓄熱材の有無によって、どのような違いが出るのか?を考察するものでした。

エクセルギーという単位を使って、人が実際に五感で感じる快適さとはどういったものなのか?
といった、人と住まいの環境についての講義でした。

確かに、そのお話を踏まえて考えると、
なぜ、高気密・高断熱では無いのに蓄熱暖房と相性が良いのか?
なぜ、春や秋には少し肌寒く感じるのか?
といった木の家の温熱環境に関して、普段感じていた疑問も、なるほど納得です

テーマが身近なことと、分かりやすい解説で、さらに興味が増しました


by 前香
[PR]
by maechou | 2008-12-06 19:33 | 素材(37)