「玄関の取替え」

おはようございます

今朝、大金のあたりを走っていると、
左から稲穂が  右からひまわりが
どちらもおじぎをしていて
まるで執事さんに
「いってらっしゃいませ」とお見送りされている気分でした
実際は、夏から秋へ引き継ぎ会議中だったのかもしれません。(笑)


今日は、あるお宅の玄関サッシの取替工事に伺いました
築35年、中も外も真壁つくりなので、タイルと壁の一部を取り壊せば新しい玄関サッシを取り付けられます。
「構造がきちんと見えている」
という事は、長期住宅には重要な要素なのかもしれません
 
こちらのご主人とお話していると「良いものを大切に長く使う」 気持ちの豊かさを教えてもらっているように思います。
人生の大先生。いつまでもお元気に長生きしてください


2階建てが主流で、軒を大きく出せない事が多い現在では、隙間風や雨漏りの問題があり、
ほとんどの住宅の外部は大壁つくりです

また、住宅瑕疵担保履行法の保険加入に求められる設計施工基準に合わせると、防水の取り方で課題が出てきてしまうようです



私が将来住む家は、真壁の平屋建て(実験住宅か?)か、
古い家を直して住みたいなーと思うのですが。。。
まだちょっと先のお話のようです

by 前香
[PR]
by maechou | 2009-08-26 11:40 | 地域・自然(39)