続・『ヒカル』

☆8月の見学会についてはこちらをご覧ください☆

2012.8.1

皆さん、こんばんは。

この暑さで毎日5回もポロシャツを着替える、前長大工の前昌です。

月曜日から始まった『建て方』(構造材を現場で組む作業。)も今日で3日目。

さあ、どんなお家が建ったのでしょうか?

そちらは、
現場管理のオカ君、設計のミヤさんのブログ報告をお楽しみに!


さて、

今夜はお待たせの、『ヒカル』について。

そして、あの石ころはというと…。


c0164598_23424326.jpg

わかりますか?石の上に柱が建っているのが。あの石ころの正体は、『沓石』(くついし)でした!

c0164598_23424388.jpg

こういう感じ。近づくと…。

c0164598_23424310.jpg

柱をそのまま地面に付けると水を吸うため、腐りやすいですよね。それに見た目も良くない。なので、石の形に合わせて柱を削る、というか『クセ』をとって馴染むようにするんです。すると石は曲面なので水切れがいい、腐りにくい、ということなのです。

コレを
『ヒカル』とか『ヒカリつける』とかいうんです!

古民家など古い日本家屋で見たことあると思います。

でも、

どうやってその石ころの形を柱にうつし取るのでしょう?

どうやって柱の長さを決めるのでしょう?
(相手は丸い『石ころ』ですからね!)

しかもほぼ一回で合わせます、写真の柱三本、すべて一発!(さすが黒崎棟梁、31歳)



正直、大工になりたての頃は、不思議でならなかったです(笑)どんな石ころでも対応できるので。

やはり、

その技術を持っているならば、その腕を十分に発揮して

『やっぱり大工さんてスゴイ!』
と思われるように、


心も技も体も

鍛えねばなりません。


そして、

こういう仕事の機会を与えて下さる、皆さんがいて、技術が伝わっていくのも事実です。

今後とも、宜しくお願いします。

前昌
p.sこちらの現場、見学可能です。そのヒカリつけた柱も。今、木組みと屋根だけの状態です、美しい構造に圧倒されてみませんか?
メールにてご連絡下さい。
[PR]
by maechou | 2012-08-01 22:05 | 大工の い・ろ・は(11)