雨と屋根。

2012.11.7

皆さん、こんばんは。
11月より現場監督も兼務、前長の前昌です。
今日はとても不安定な天気の一日でした。
烏山では『雹(ヒョウ)』が降ったり、雷が鳴ったり。。
あたり前ですが、自然は常に想定外ですね。

設計の『ミヤ』が担当するお宅が建て方だったので心配でしたが、夕方、現場から戻った番頭の『シノ』より、無事、上棟の報告ありました。(^^)

明日は屋根工事。
天気予報では、にわか雨とのことなので、雨乞いならぬ、ハレ来い!せねばなりません!


さて、

こちらは『清原の家』。

c0164598_125342.jpg


外部に付け土台、付け桁、付け柱と木化粧仕様です。全体像は、漆喰が塗られ足場が外れた頃にでも、シノさんにブログアップして頂きましょう!

北側勝手口に『霧除け庇』を取り付けました。

c0164598_125582.jpg


久しぶりに造りましたが、庇があると、デザイン的にも機能的にもグッと良くなりますよね。


窓という窓、すべてに霧除け庇をつけたらどうか?


軒の出(屋根の出)はどれだけ必要か?


『雨の多い日本に暮らす』ということを、ふと、考えてしまいました。

答えは先人に聴け、でしょうか。。




いつも応援ありがとうございます。

前昌
[PR]
by maechou | 2012-11-07 23:39 | 大工の い・ろ・は(11)