「外部に木を使うということ」

2013.2.26

皆さん、こんばんは。

明後日からの建て方(棟梁黒崎)が天候に恵まれますよう、安全に上棟出来ますよう一心に願う、
前長大工の前昌です。
スタッフ一同、建て方前はいつも同じ気持ちです。。




先日、宇都宮市のTさんの御宅に行ってきました。


c0164598_1758623.jpg


お引渡しをして1年半ほど経ち、お庭や外構も整うと、また印象が変わり落ち着いた雰囲気になりますよね。
今回はサッシ周りの外壁材のクラック補修の件でお邪魔しました。

c0164598_1803276.jpg

↑こちらは南側。
濡縁(1F)、ベランダ(2F)とも出幅は1200mmあります。
ベランダ(2F)は屋根のすぐ下なので雨に当たることはほとんどありませんが、濡縁(1F)は文字通り雨に濡れるため、色がくすんできました。
「木が腐ってしまうのでは??」と思う方もいるかもしれませんね。(^ ^)
でも何の心配もいりません、この変色は表面だけのものなのです。もし仮にカンナで1~2mmほど削ってしまえばまた元の色が現れます。
築12年になるモデルハウスの濡縁は黒くなってきたので、ゴシゴシとタワシやブラシなどで洗ってみたことがあります。
表面の汚れが落ちて比較的綺麗になりました、木目の柔らかい所が取れて、硬い木目が浮き出てくるので。乾いたらオイル仕上げをしてあげると艶っぽくなり、また表情が変わりますよ。



自然界に永久なモノなどないはずです。

腐りにくい木の芯材を使っていますが、それでもいづれ朽ちるはずです。
そうは言っても、プロならば少しでも長持ちさせる工夫と知恵は必要だと思います。

水切れを良くしたり、余計な切込みをしない(そこに水が溜まり、腐り易い環境になるから)こと。
腐り易い柱の根元には「下駄」をはかせる、(木のパッキンを挟む。←パッキンが腐れば容易に取替え可能。)
または自然石にてヒカリつけ。←『大工のい・ろ・は』内の『ヒカル』をご覧下さい。

もし20年.30年後に濡縁だけを補修する場合でも、
本体とは干渉しないように、
出来る限り補修し易いように造ること。



それは「何十年後の仕事を読む」ということに繋がるかもしれませんね。



c0164598_17594980.jpg




いつも応援ありがとうございます。

前昌
[PR]
by maechou | 2013-02-26 18:05 | お引き渡し後のお宅(15)


栃木県で伝統工法が息づく、木組みの家づくりをしています


by maechou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ(5)
姿勢・ご案内(51)
施工事例
見学会のお知らせ(12)
見学会の様子(30)
勉強会のお知らせ(4)
勉強会の様子(13)
桃浦 ? お風呂(5)
まえちょう山学校(12)
素材(37)
現場の様子(131)
大工の い・ろ・は(11)
作業場の様子(8)
お引き渡し後のお宅(15)
素足のすすめ(4)
住まいのお手入れ(20)
地域・自然(39)
雑記(86)
リンク

HPもご覧ください。

maechou.co.jp
株式会社 けんちくや前長
<事務所移転しました> 
〒321-0634
栃木県
那須烏山市野上389-9
℡0287-82-3311
木の家応援団

記事ランキング

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

画像一覧