「木化粧 ! 戸袋」

2013.4.23

皆さん、こんばんわ。

先日、『ブログの更新をサボり気味だねぇ。』と、
これから建築予定のお客様に言われてしまったΣ(゚д゚lll)前長大工の前昌です。(笑)
このブログを楽しみにして頂いているのだなぁと、ありがたい気持ちになりました。

鹿沼市のFさん、
ママさん設計士2名も加わり、勢いを増してブログを更新していきます!
引き続き、宜しくお願いします!



さて、


下野市の現場の様子。。。
外観はモルタル下地のラス板が張られています。

c0164598_23253134.jpg



↓そしてこちらは戸袋のアルミ枠。普通はここに枠と同じアルミの『鏡板』で塞ぎますが………

c0164598_23262432.jpg



↓この様に木でアルミを覆うことで『木化粧の戸袋』に変身!させることも出来るのです。

c0164598_23274898.jpg


もちろん、鏡板も木製です。
好みもありますが、外観の雰囲気は良くなると思います。

c0164598_2328084.jpg


今話題の「ハイブリッド型」の戸袋、とでも言っておきます。(笑)

木で溝レール(ヒトスジ敷居)を作れないことはないのですが、
やはり耐久性とその摩耗による使い勝手の低下がマイナス要素ではあります。
(それを解消するやり方もあることはあるのですが、金額はアップします。)

なので、この木の風合いを残しつつ、耐久性の高いアルミレールを採用中です。このレールを利用して前長オリジナル木製雨戸『閉めたくなる雨戸』を建て込みます。

5月18日(土曜)、19日(日曜)宇都宮市の見学会会場のお宅にもこの戸袋が付いています。
ぜひ、御覧になってみて下さい、今まで気にしていなかったところに目がいくって、
新鮮に感じると思いますよ!(^ ^)


(見学会のご案内は、後日、ブログにて。乞うご期待!)


いつもありがとうございます。

前昌
[PR]
by maechou | 2013-04-24 23:41 | 現場の様子(131)