「押入れこそ無垢の板で」

2013.7.7

皆さん、こんばんは。


このところ、夜な夜な木構造の『技術革新』をずーっと考えている、前長大工の前昌です。
(ずーっと考えてますが、ずーっと結果が出なかったりして……。涙)

いずれ形になって皆さんにご報告できるように、もっと考えます! もーっと!(笑)



さて、
今夜は七夕ですね、夏の到来を感じさせてくれます。。。

そう、この蒸し暑い梅雨の時期。

皆さんの御宅の押入れの中はカラッとしていますか?

写真は『下野市の家』の押入れです。

c0164598_047658.jpg


お布団を収納されるということなので、板をすかして『スノコ張り』としました。
(通常はすかしてはいません)



一般的に、押入れや階段下の収納にはベニヤを使っていることと思います。

それが当たり前のように普及してますが、、、



大工としてハッキリ言います、

湿気がこもり易い「押入れ」や「収納」の内装として一番だと思うのは、

やはり『無垢板』です!

おそらく、10人中、9.9人(笑)の大工がそう言うでしょう。

調湿作用のある無垢板がいい、と。


c0164598_0472363.jpg


だから、

素足の家では押入れにこうして杉の赤身(芯材)を使っています。(赤身はカビが発生しにくい)

節があってもいいじゃないですか、

色がくすんでいてもいいじゃないですか、

無垢板であれば。


そう、押入れですから。


c0164598_0474127.jpg




いつも応援ありがとうございます!


前昌
[PR]
by maechou | 2013-07-07 22:17 | 現場の様子(131)